エントリー

偉人の言葉-ノーマ コーネット マレックの詩より-

米国ケンタッキー州出身の詩人、ノーマ コーネット マレック。

10歳で亡くなったご子息への詩。有名な詩ですが、心打たれるので、このブログでも紹介させて頂きます。本当に少しでも未来がわかれば、人や時間を大切できるのに、当たり前が当たり前になり過ぎてつい無駄使いをしている。そんな事への戒めにもなります。当たり前を感謝に。そうありたいものです。

『最後だとわかっていたなら』

作・ノーマ コーネット マレック / 訳・佐川 睦

あなたが眠りにつくのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは もっとちゃんとカバーをかけて
神様にその魂を守ってくださるように
祈っただろう
 
あなたがドアを出て行くのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは あなたを抱きしめて キスをして
そしてまたもう一度呼び寄せて
抱きしめただろう

偉人の言葉-オットー・フォン・ビスマルク-

20200706094837.jpg

19世紀、ドイツ統一の立役者、鉄血宰相の異名を持つオットー・フォン・ビスマルク。まさに歴史的人物。故にその名言は、珠玉のごとし、鉄鋼王 アンドリュー・カーネギーの墓碑に刻まれた言葉にも通じるものがありますが、広い視野を持ち、他の人の経験から学べるか本当に大切ですね。

【オットー・フォン・ビスマルクの名言】
愚者は自分の経験に学ぶと言う、私はむしろ他人の経験に学ぶのを好む。

偉人の言葉-日野原重明(その3)-

今日の偉人の言葉も先週・先々週と続けて、日野原重明氏からです。医師として、また、人間として、いのちに向かい合ったからこその名言です。

20200629092027.JPG

偉人の言葉-日野原重明(その2)-

今日の偉人の言葉も先週、紹介した日野原重明氏からです。日野原重明氏というと村上春樹氏著『アンダーグラウンド』の中で、聖路加国際病院院長として、被害者救済に尽力された方というイメージが強いです。しかしながら、その後、氏のテレビへの出演等で医者として、また、人間として本当に命というものに向かい合っていたと感銘しました。

20200622105836.JPG

偉人の言葉-日野原重明-

今日の偉人の言葉は、京都帝国大学医学部副手、大日本帝国海軍軍医少尉などを経て、聖路加看護大学学長、聖路加国際病院院長、国際基督教大学教授、一般財団法人聖路加国際メディカルセンター理事長、一般財団法人ライフ・プランニング・センター理事長、公益財団法人聖ルカ・ライフサイエンス研究所理事長などを歴任した日野原重明氏からです。

20200615095517.JPG

拉致被害者家族連絡会前代表 横田滋氏死去、ご冥福申し上げます

20200608095551.n8s.jp_DSXMZO6004701005062020CC1001-6.jpg

先週末、6月5日、拉致被害者家族連絡会前代表 横田滋氏が死去されました。
北朝鮮による日本人拉致問題に関わり続けた半生に渡るそのご苦労、想像に絶するあまりあるものではなかったと推察します。ご冥福を申し上げますとともに一日でも早い解決をお祈り申し上げます。

偉人の言葉-デール・カーネギー-

デール・カーネギー、アメリカの優秀な作家。現在でもビジネス書のコーナーには、必ず著作があるものです。そんなビジネスパーソンにとって必読と言っても良い数多くの良書を残された偉人の一人です。そんなデール・カーネギーの素晴らしい名言です。

 20200602093808.jpg

【デール・カーネギーの言葉】
笑顔は元手がいらない。しかも利益が莫大。与えても減らず、与えられたものは豊かになる。

一瞬間、見せればその記憶は永久に続く。どんな金持ちも、これなしでは暮らせない。

どんな貧乏人も、これによって豊かになる。家庭に幸福を、商売に善意をもたらす。友情の合言葉。

疲れた者にとっては休養、失意の人にとっては光明。悲しむ者にとっては太陽、悩める者にとっては自然の解毒剤となる。買うことも、強要することも、借りることも、盗むこともできない。無償で与えて初めて値打ちが出る。

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2V)に関する弊社の状況と取組みについて(6/1現在)

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2V)に関する弊社の状況についてですが、今月より通常の営業を再開させて頂きます。今後、懸念される再流行等の事態に至る際は、日本国政府、行政機関からの指示・勧告等に従い、、適切な対応及びお知らせをさせて頂く所存です。

新型コロナウイルスを原因とする肺炎に罹患された皆さまに心よりお見舞い申し上げるとともに、罹患されている皆さまの早期回復と1日も早い感染の終息を心より祈念いたします。

以上

偉人の言葉-古関裕而-

現在、NHKの朝ドラ『エール』のモデルとなった作曲家:古関裕而。

早稲田大学の応援歌「紺碧の空」を当時、新人で無名の古関裕而氏に依頼する際に伊藤戊氏の言葉、素晴らしい名言です。

「新人だから過去はないけど未来があるよ」

実に素晴らしい名言ですね。実績、過去も重要ですが、可能性秘める未来へのチャレンジの言葉、とても素敵です。このコロナ禍で特に今年度の新入社員・新入生を始め、多くの方々が、とても大変な苦労をされているかと思いますが、新しい事態になったからこそ、未来に向けて新しい一歩にしていきましょう!

20200526095351.jpg

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2V)に関する弊社の状況と取組みについて(5/25現在)

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2V)に関する弊社の状況についてですが、今月中は、社員の出勤を半減・テレワークと併用といった対策を講じつつ、営業を行ってまいります。今後、日本国政府、行政機関からの指示・勧告や感染状況といった今後、状況の変化があり次第、適切な対応及びお知らせをさせて頂く所存です。

新型コロナウイルスを原因とする肺炎に罹患された皆さまに心よりお見舞い申し上げるとともに、罹患されている皆さまの早期回復と1日も早い感染の終息を心より祈念いたします。

以上

ページ移動

ユーティリティ

2020年07月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード